カラーひよこのブログ

とりあえず、まあ・・アレだ。。

ラーメン「中華そば みたか」三鷹

こんにちは。早くも今年 10 杯目の麺レポです。歳を考えると軽く自殺行為になっちゃってます。。

今回お送りするのは当ブログの「シリーズ・三鷹ラーメン」として外せないであろう老舗、「中華そば みたか」です。駅からすぐです。南口を出たら中央商店街を南下、最初の交差点の角までフラフラと導かれましょう(笑。

「らあめん花月」脇、昭和ダンジョンへの入り口

f:id:color-hiyoko:20180211231036j:image

ヒタヒタと階段を下りていきます・・

f:id:color-hiyoko:20180211231226j:image

昭和 30 年代、『3 丁目の夕日』的時空間へトリップ完了の図

f:id:color-hiyoko:20180211235951j:plain

 はい。「ラーメン」450 円(!)に 50 円のメンマともやしをトッピン。

f:id:color-hiyoko:20180225143851j:plain

の。

・・いにしえの東京中華そばですね・・正しい。昔々、「ラーメン」とくれば何処へ行ってもこのビジュアルだったんじゃよ。 店内、厨房を低めのカウンターがぐるりと囲んでおり、飛ぶようにラーメンが出されていく。お客さんを観察。その風貌や年恰好、場に馴染んだ雰囲気から、大半が昔から通っている地元の人たちのように見えました。スマホでバシバシと撮影なんかしてる(若干キョドりつつ)のは私くらい。

f:id:color-hiyoko:20180225143927j:plain

っていうかこの店、「江ぐち」ですよね。創業から半世紀以上の有名店。いつの間にか閉店していたと風の便りに聞いていたが、屋号を改めて復活した、と。

幼稚園から三鷹住みの俺氏、親に連れられて一度は食べているはず・・。味は全然覚えてないけど、雰囲気を憶えている。セピア色のぼんやりとした記憶が。。

f:id:color-hiyoko:20180225151731j:plain

 同じ地階の向かいにあった「珈琲リスボン」の佇まいもレトロで気になります。「Since 1958」って・・文化ですね。。

・・まあいいや。ごちそうさまでした。

 

東京都三鷹市下連雀3-27-9 エミネスB1