カラーひよこのブログ

とりあえず、まあ・・アレだ。。

【 ブログ & Twitter 企画 】好きな映画を3本挙げよ【 参加募集 】

こんばんは。カラーひよこです。 先日、私の Twitter アカウントのフォロワーさんが何と 5000 人に到達しまして(ツイッタランドではいつもありがとうございます)。

ほぼ同時期、ツイッターで親しくさせていただいてる「ていない」さんもフォロワーさんが 6000 人を超えたという事で、彼女から「共同で何か企画やろうよ!」的なお話がきまして。

相談の結果、「あなたの好きな映画を 3 本教えてください!」という、ブログと Twitter での参加型イベント企画をさせていただく運びになりました。

 

f:id:color-hiyoko:20190212205531j:plain

 

以前にていないさんと自分も参加した「好きな曲を 5 曲教えて!」の映画版です。「好きな本」「好きな食べ物」なんかでも別に良かったんですけど、まずはこれかな、と。正直、自分もそれほど映画を観る人じゃないんですけど。

ナンだろう、好きなモノ(作品)でその人が分かる的な。たまに Twitter のハッシュタグで「#好きなホニャララを 5 つ出す見た人もやる」みたいなのが流れてくるんですが、ついつい見ちゃうんですよねアレ。自分もやったりして。

どうですか、映画。みんなの「好きな映画作品ベスト3」。面白いんじゃないかな。

 

まー、そんなアレで・・ド〜ンと逝ってみよう!発起人である私とていない氏の記事を参考に、ぜひぜひブログやツイートでゴリゴリと参加してくだされ。

それでは、私の「墓場まで持っていきたい生涯の 3 本」をご紹介。

 

 

ロッキー(1976)

ロッキー (映画) - Wikipedia

映画には 3 種類ある。それは 1 度観れば済む映画と 2 度観てもいいかなという映画、そして 3 度観てしまう映画だ。3 回鑑賞できる作品は一生モノだ

ー シルベスター・ヒヨローン

 

「好きな映画」を「鑑賞した回数がいちばん多い作品」という事で選ぶとコレになります。見終えるとあのテーマ曲にノッて筋トレしちゃうよね・・ちょっと自己啓発ポルノ的な。

ロッキーシリーズ、全部好きですね。どの作品も甲乙付け難いですが、アカデミー作品でもあるし、最初のコレかなあ、という(ファースト作品原理主義)。

いちばん好きなシーンは、前半でのトレーナーのミッキーとの一幕。

人生初のチャンスを掴んだロッキーのアパートを訪れる老トレーナーのミッキー。「今までさんざんコケにしやがって・・俺は自分一人でこのチャンスをモノにする」と憤慨するロッキー。「悪いことは言わん。俺をトレーナーに使え」と説得するミッキー。ロッキーは彼をアパートから追い帰すのですが、その後すぐにミッキーを追いかけて仲直りする、という場面です。

遠目のショットでセリフも聞こえないこのシーンに、ロッキー・バルボアという男のキャラクターが全て出ています。

 

リアルタイムで劇場に観に行ったのは『ロッキー4 炎の友情』です。高校ん時。2 回連続で観た。サントラの CD も買ったな〜。勢い余って、対戦相手のドラゴ役の「人間核弾頭」ドルフ・ラングレンの主演作まで観に行ったりして。

そんでまあ、この記事を書くのに動画を漁ってて「イワン・ドラゴ戦」「クラバー・ラング戦」など立て続けに観返してしまった訳で(笑。。

 


↑ 『ロッキー3』の対戦相手、ミスターT 演じるクラバー・ラングの、ゴリラそのまんま的な頭の悪そうなハイテンションさが最高ですね・・。

 

失敗作と呼ばれる「ロッキー5」すらも好きなんですよね。。割と近年の作品では「ロッキー・ザ・ファイナル」がおすすめ(にしても、ファーストを観てからのほうがいいです)。ロッキー(スタローン)の事実上最後のリング。 

ロッキー・ザ・ファイナル - Wikipedia

超映画批評『ロッキー・ザ・ファイナル』70点(100点満点中)

アポロの息子が主役の最近の 2 作品はまだ観てませんが・・ファンとして期待大です。

 

LIFE !(2013)

LIFE! - Wikipedia

そんなに劇場に足を運ばない人なんですけど、TVCM だかを目にして直感で観に行ったらすごい良かった作品。映画館と Amazon のプライムビデオで計 3 回観ました。

どうなんだろう。中年男性、とりわけイケてないおじさんには特におすすめです。劇中にクイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』、デヴィッド・ボウイの『Space Oditty』が使われてたりで。そうだ、それで観てみようと思ったのでした。

 


ただ、主人公のウォルター・ミティ役、劇場の吹き替え版でナインティナインの岡村さんが声を演じてたのはどうだったんだろう・・外人なのに関西弁という。。

あと、今考えたらこういう「ロードムービー」が好きで採点高くなるんですよねえ。

ともあれ、トレーラー観て何か良さそうと感じた方は、是非。

ロードムービー - Wikipedia

 

ベルリン・天使の詩(1987)

ベルリン・天使の詩 - Wikipedia

マイ・フェイバリットです。19 か 20 の頃だったか、レンタルビデオ屋さんで手に取り、衝撃を覚えて 3 回連続で観た。監督のヴィム・ヴェンダースもロードムービーの巨匠です。

ヴィム・ヴェンダース - Wikipedia

 

ヴェンダース作品はその後、監督繋がりで結構観ました。『パリ、テキサス(パリテキ)』とか『夢の涯てまでも』とか。


この「ベル天」の続編『ファラウェイ・ソー・クロース!』は今はもう無い渋谷のミニ・シアター系の劇場に観に行ったな〜。

『ベルリン・天使の詩』という作品そのものに話を戻すと、映像も台詞も全部「詩」なんですよね。詩的。もちろんちゃんとしたストーリー、スジはあるんですけど・・全てのシーンとセリフに打たれましたねえ。こういう抽象的なものを今まで観た事が無かったんですよね、当時のひよこ少年は。もう、全部の台詞を空で言えます、というのは嘘なんだけど、かなり影響受けてますよね。人生レベルで。墓場まで持っていきたいほどに。

 

参加方法とか参加特典とか

  • Twitter でツイートする際に #好きな映画ベスト3(3は全角数字)のハッシュタグを入れてください
  • 参加締め切りは 2/28(木)
  • 厳密に 3 本でなくとも可。1 作品を語ってる記事でもベスト 100 でもいいです。ブログの人は、過去に書いた映画記事にタグを付けてツイートする等でも OK 牧場(の決闘)
  • ていない・カラーひよこのフォロワーでなくとも参加歓迎(フォローしていただけたら、ひよこもていないもフォロー返します)
  • 参加してくれた皆様のブログ記事とツイートを、月間 20 万 PV オーバーの「ていないブログ」と月間約 0.5 万 PV の当ブログ(この不平等感については後で考えますw)でまとめ記事にして 2 人の Twitter(合計フォロワー約 12000 人) で拡散させていただきます!

 

↑ ジャック・ブラックとハワイのやつ観たい。。