カラーひよこのブログ

とりあえず、まあ・・アレだ。。

「So in Love」日曜洋画劇場の憂鬱

f:id:color-hiyoko:20190402200332p:plain


こんばんは・・平成も残すところあと 1 ヶ月を切りましたが、頭の中は昭和一色のカラーひよこです。今夜も懐かしいネタでお送りします。

 

「日曜洋画劇場」というテレビ番組の事をふと思い出しまして。

・・いや、その番組のテーマ曲なんですけど。「思い出した」というか、常に頭の片隅から離れなかったというべきか。。

 

 

日曜日の夜 10 時・・居間のテレビから流れてくるこの旋律に「ああ、日曜が終わってしまう・・」と、布団の中で何とも悲しくなっていた小学生の私。この週末終末感はサザエさんどころじゃない・・。

時は流れ、解説の淀川長治さんも降板、テーマソングも変わり、番組もとうに終了。しかし、ずっと気になっていたのでした。

「あれは何という題名の曲なんだろうか?」と。

 

長年の疑問はインターネットの登場であっさり解決しました。ブロードバンド時代になって動画サイトが出てきた頃ですね。

ソー・イン・ラヴ - Wikipedia

日曜洋画劇場 - Wikipedia 

f:id:color-hiyoko:20190402200427p:plain

YouTube のコメント欄を覗いてみると、同じような意見の方々もたくさん見られました。インターネット最高。

 

このコール・ポーターの「So in Love」という曲そのものについては、荘厳、という言葉がいちばんしっくりくるように思える。それと、「終幕」ですか。とにかくエンディングって感じがする。

「自分の葬式をやるとして(しないと思うけど)最後に流すならこの曲」というのはビートルズの「A DAY IN THE LIFE」なんだけれども・・存外、それに並ぶかなあ。

 

 

昔は民放で毎日のように映画やってたなあ。「金曜ロードショー」はまだやってるのかな・・確かジブリ作品を毎年放送してるのが日テレだよね。

 

 

「金ロー」はこのオープニングがいちばん良かった。。

 


この「月曜ロードショー」はいまいち印象薄いな・・解説は荻昌弘。淀川さん、水野晴郎さんと、みんな故人やね。。 

 


こちらの「ゴールデン洋画劇場」のオープニング、いかにも「映画番組のオープニング」という出来で素晴らしい。何曜日だっけ・・解説が高島忠夫だったかな。

 

まあ、いいや。今夜はこの辺で 🍺🐤