カラーひよこのブログ

とりあえず、まあ・・アレだ。。

ホテル木更津の白い部屋で薄いビールを飲み干しながら聴いた 3 曲

f:id:color-hiyoko:20190123234712j:plain

こんばんは。無計画旅行中のカラーひよこです。時おり暴走族のサウンドの聞こえてくる 23 時の千葉県のホテルよりお届けします。

 

 

結局、お風呂の後に書いています。「エウレーカ!」と入浴中に閃いたアルキメデスのように何かいいブログネタが降りてくるのではと思いましたが、どうにも。。

今夜も、私が最も書きやすいパターンの記事で・・

 

 

千葉県の海岸線沿いを走っていたら何かカリフォルニアを意識してる感じが・・椰子の木とか・・

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place,
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California,
Any time of year,
You can find it here

Her mind is Tiffany-twisted,
She got the Mercedes Bends,
She got a lot of pretty, pretty boys
she calls friends
How they dance in the courtyard,
Sweet summer sweat
Some dance to remember,
Some dance to forget

So I called up the Captain
“Please bring me my wine”
He said, “We haven’t had that spirit here
Since nineteen sixty-nine”
And still those voices are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say:

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place,
Such a lovely face
They’re livin’ it up at the Hotel California,
What a nice surprise,
Bring your alibis

Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice, and she said:
“We are all just prisoners here,
Of our own device”
And in the master’s chambers
They gathered for the feast,
They stabbed it with their steely knives,
But they just can’t kill the beast

Last thing I remember, I was running for the door,
I had to find the passage back to the place I was before,
“Relax,” said the night man, “We are programmed to receive,
You can check out anytime you like… but you can never leave”

 

 


 

ROSSO - Wikipedia

やがてスコールは降り止んで

鳥達はまた飛んだ

うすいビールを飲み干して

鳥達はまた飛んだ

そして見上げれば 1000 のタンバリンを

打ち鳴らしたような星空

だからベイビー 僕はどうしたらいいとか

そんなことなんて知りたくはない

だって見上げれば 1000 のタンバリンが

1000 のタンバリンが

1000 のタンバリンが

1000 のタンバリンが・・

 

 

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT - Wikipedia

俺達に明日がないってこと

はじめからそんなのわかってたよ

この鳥達がどこから来て

どこへ行くのかと同じさ

 

俺のブログはずっとこんな感じだと思う。 

 

ツイッターとインスタグラム、写真ブログもよろしく(^人^)