カラーひよこのブログ

週休5日のセミリタイア暮らし 🍵🐤

短編小説「センチメンタルフィーバー」

f:id:color-hiyoko:20191209141815j:plain

夜勤明け、こたつ布団を洗濯しにコインランドリーへ向かった。12 月初旬。ほんの2週間前まではエンジンを切った車内で汗をかいてしまうほどの陽気の日もあったものだが、今朝の空気感は完全に真冬のそれで、いよいよ冬支度をしなければ・・と覚悟させるものがあった。もちろん着る物も本格的な冬装備にした。羽毛のロングベンチコート。マフラー。ヒートテックの下着。足元だけがクロックスのサンダルなのが頓珍漢であるが・・。昨年の冬に購入したベンチコートは、一度着ると脱げなくなっていた。室内で着用していることも多く、さながら「着る毛布」だ。

首元にマフラー、着る毛布に足首まで包まれて屋外の冷たい空気を吸い込む。気持ち良い。完全に内勤の仕事ではあるが、寒くても 30 分に一度は外気に触れたい、と思った。

車のエンジンをかけて、しばらく暖気してから目指す大型コインランドリーへ向かう。15 分程度で着くだろう。カーラジオはインターFM。クラシックロック多めの選曲で気に入っている。89.5 メガヘルツ。流れっぱなしのレイディオ。途中のドラッグストアでビールをケースで買った。

コインランドリーに着いた。月曜日の朝だというのに駐車場の 8 割が埋まっている。事前にスマホで布団類を洗えるランドリーを調べてこの店舗に決めたのだが、書き込まれているレビューの通りに評判が良いらしい。確か去年か今年にオープンしたばかりのはず。店のサイトに記載されている情報によると、映画やテレビCM、有名ミュージシャンのプロモーションビデオのロケ地にもなったそうだ。リンクされていたプロモビデオをスマホで再生してみた。知っている有名バンドだった。

こたつ布団を洗える容量 20 kg サイズの洗濯機は全て稼働中だった。中央にある大きな台の上でカバンの中に溢れる大量の小銭を勘定していた男性が「ここがあと 5 分で空きますよ」と言う。たぶんオーナーの人だろう。 千円札を両替機で崩し、その 1 台が空くと布団を入れて大きな丸いガラス蓋を閉めた。800 円也。脱水が終わるまで 40 分。スマホのタイマーを 39 分でセットして店を出た。トイレへ行きたかった。寒くなるとトイレが近くなる。道路を挟んだはす向かいにあるコンビニまで早足で歩く。

コンビニ。何も買わずにトイレだけ借りるのも悪いと思い、店内をぐるりと物色する。雑誌の棚とレジ横に購読中のマンガの発売したばかりの最新刊が置いてあった。帰ったら電子書籍版を買おう。とりあえずレジ前のガムや飴の棚から「レインボーラムネ」と、1 リットルサイズのコーラを買った。レインボーラムネは以前、テレビかネットで見かけて気になっていた。

コインランドリーへ戻る。洗濯槽が停止するまであと 30 分。ランドリーの端にテーブルとソファ、自販機と雑誌類が置いてあるカフェコーナーがあったので、ソファでレインボーラムネを食べながら携帯ゲーム機で「ドラゴンクエスト」をやった。

脱水まで終了すると、今度はいちばん大きなサイズの乾燥機へこたつ布団を入れて回す。乾くまで 40 分程かかるとの表示。カフェコーナーに 1 台あった無料の電動マッサージチェアに横になってタブレットでマンガを読む。

あのオーナーにロケの事を訊ねるのを忘れていた。

 

ウルフルズ - Wikipedia

センチメンタルフィーバー~あなたが好きだから~

センチメンタルフィーバー~あなたが好きだから~

  • 発売日: 2019/04/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

ツイッターとインスタグラムもよろしく(^人^)