カラーひよこのブログ

週休5日のセミリタイア暮らし 🍵🐤

ネットカフェ「快活CLUB」がホテルみたいで快適だった

f:id:color-hiyoko:20200202202210j:plain

「快活CLUB」という 24 時間営業のネットカフェに行ってきた。都内多摩方面で何度か見かけたことがあるけれど、使うのは初めて。スマホで店のアプリをダウンロードして会員登録。10 分ほどかかった(タブレット端末・用紙でも可)。

店内探検と個室・各サービスの感想

最近オープンしたばかりのこちらの店舗。綺麗な店内をあちこち見て回った。

f:id:color-hiyoko:20200202201949j:plain

入室にはこのカードキーが必要。「鍵付き防音個室」「途中退室可能」が売りです。

f:id:color-hiyoko:20200202202152j:plain

各個室の鍵はこんなの。ビジネスホテルでよく見かけるタイプだ。

f:id:color-hiyoko:20200202202010j:plain

ほんとホテルみたいだ。

f:id:color-hiyoko:20200202202137j:plain

50 室以上ある。この個室ブースの他にもカラオケルームがいくつか。全室禁煙です(喫煙ルームあり)。

f:id:color-hiyoko:20200202202024j:plain

こちらはシャワーコーナー。無料で使える(有料の店舗もあり)。

f:id:color-hiyoko:20200202202036j:plain

フェイスタオル・バスタオル・ドライヤー・シャンプー類は無料。その他のアメニティー、宿泊・インターネット関連などの日用品は100 何十円均一の販売コーナーに売っている。

f:id:color-hiyoko:20200202202043j:plain

ランドリールーム。マジでここに定住してる人がいるのでは・・。

f:id:color-hiyoko:20200202201955j:plain

フラットシートの部屋を選んだ。よく使う「自遊空間」でも、いつもこのタイプの部屋を選んでいる(横になって寝れるから)。3畳ほどの広さ。十分だ。筋トレも可能です(笑。

f:id:color-hiyoko:20200202201942j:plain

コンセントが3つと USB 給電ジャックが2つ。

f:id:color-hiyoko:20200202202004j:plain

カラオケボックスなんかによくあるボリュームタイプの照明。いちばん明るくすれば、ノートパソコンの作業や読書にも特に支障は無い(無料貸し出しのデスクスタンドあり)。ネットカフェの個室って暗いのでこれは助かる。大体のネカフェって、壁で区切って個室にしているだけのところが多く、天井は筒抜けなんだよね。

エアコンの温度調節はできない(常に一定温度)。温度を調節したい時は通風孔を開けたり絞ったりして行う。

f:id:color-hiyoko:20200202202202j:plain

PC 兼用 TV はネットカフェの中では最上級に大きめなサイズ。映画や AV などの映像コンテンツが見放題。AV は USB メモリなどにダウンロード可能な模様。防音に関しては隣の部屋を使ってる人がいたけど全然気配を感じなかった(寝てたのかもしれないが)。だからか、ヘッドホンも置いていませんでした。

「静か」というのはポイント高い。何度か 24 時間営業の漫画喫茶に泊まったことがあるが、人のいびきや物音でいずれもロクに眠れなかった。その時はなんというか「底辺」というものをリアルに感じましたよ。その点、こんな鍵付き防音個室であればそんな悲壮感も無いだろう(ある?)。

f:id:color-hiyoko:20200202202144j:plain

もう一回外へ出る。外鍵があるとドリンクやマンガを取りに出たりトイレへ行く時にいちいち貴重品を持たなくて済むのでいい。店の外へ出ることもできるし、飲食物の持ち込みも可。

f:id:color-hiyoko:20200202202106j:plain

カフェコーナーもおそらくチェーンのネットカフェの中では最も充実しているんじゃないだろうか。ティーバッグ類の棚には緑茶・烏龍茶・プーアル茶などの他に味噌汁や中華スープ、お吸い物など色々置いてある。KEY COFFEE と共同開発したらしいコーヒーも美味しかった。

f:id:color-hiyoko:20200202221624j:plain

食べ放題のソフトクリーム。これをブラックのアイスコーヒーに入れるのが好きで。チョコレートソースとキャラメルソースをかけた。

f:id:color-hiyoko:20200202202111j:plain

コミックコーナーに関しては、よく使う自遊空間なんかよりは冊数が少ないと思う。リクエストできるらしいけど。 店舗によりけりかもしれない。

f:id:color-hiyoko:20200202202117j:plain

個室よりもだいぶ安い料金で使えるオープンカフェスペース。コンセントと USB 充電付いてるし、マンガとWiFi だけが目的ならこちらで十分だろう。逆に動画コンテンツや休憩、宿泊目的なら個室。

f:id:color-hiyoko:20200202202130j:plain

雑誌コーナー。

f:id:color-hiyoko:20200202202125j:plain

この「無料モーニング」にもちょっと驚いた。トーストとポテトが食べ放題。

f:id:color-hiyoko:20200202202156j:plain

漫喫で食事する場合はランチメニューがおすすめ。通常価格と結構違う。

 

「快活CLUB」の活用法

暮らす

これは本当に「住める」んじゃないだろうか。

店舗によってバラつきがあるが、12 時間パックが大体 1600〜3000 円。間をとって 2000 円としよう。例えば平日も休日も夜の9時から朝の9時まで利用するとして 1ヶ月で6万円。一人暮らしで6万の部屋(利用時間制限あり)を高いと見るか安いと見るかですな。寝床とシャワー(一部店舗では有料)だけでなく

・インターネット代(パソコン・テレビ含む)

・電気・水道・ガス代

・雑誌・マンガ・新聞・映画・ドラマ・アダルトビデオなどのコンテンツ

・コーヒーなどのドリンク代(朝食やソフトクリームも)

・布団代(無料レンタルの毛布で十分)

・日用品(ティッシュ・トイレットペーパー・掃除用具・台所用具など)

これらのコストが含まれて(差し引かれて)いる。

自炊はできないけど酒は持ち込めるし、風呂に入りたい時は銭湯へ行けばいい。ただし、持ち物がカバン一つに収まるような極端なミニマリストになる必要があるが。

ちなみに 24 時間営業のトレーニングジムが併設された店舗もある模様。

できたばかりらしい。今度見てきます。。

旅行の宿泊地として利用する

さすがにネカフェに住むのは引くけれど、旅行の宿として使うのは私の場合、全然ありだ。店舗検索してみると全国に約 450 店舗あった。北海道に 13 店舗・沖縄に 5 店舗等、ほぼ全ての都道府県に出店している模様。いずれも人口の多い町や県庁所在地だと思う。

f:id:color-hiyoko:20200202211803j:plain

私の「しょぼいセミリタイア生活」、旅行に行けたとしてもそんなにお金をかけられない。一泊2万円とかする「いい旅館」やその土地のごちそうなどとは縁がないし、さほど興味も無い。しいて言えば風景と温泉くらい。「旅行」というよりも「移動」が目的なんだよね。

交通費を除くと旅行では宿泊代がいちばんかかる。ビジネスホテルを使うことが多いけど、安くても1万円弱くらいするのかな。例えば、北海道に 10 日間滞在するとして毎日1万円のホテルに泊まれば宿泊費は 10 万円。この快活CLUBの 12 時間パックだと 2 万円だ。浮いた宿泊費分、より安く・長く旅ができるだろう(味気ないかもしれないが)。むしろ地方の人が東京に来た時にこんな使い方されてる例が多いのかも。21 時チェックインの翌 9 時チェックアウトとかで。

WEB 予約できる店舗も増えてるようだし、次の旅行ではちょっと使ってみたい。

 

「しょぼいセミリタイア生活」ではこんな「しょぼい」旅行をしていく予定でいます 🐤

 読者登録とツイッターもよろしくです(^人^)