カラーひよこのブログ

週休5日のセミリタイア暮らし 🍵🐤



ちひろ美術館へ行ってきた

f:id:color-hiyoko:20200912083001j:plain

もう先々月か、東京杉並の「いわさきちひろ美術館」へ行ってきた。例によってその日訪問するサウナ(銭湯)を調べていたら、地図上で近くにあるのが目に入って。

f:id:color-hiyoko:20200917134743j:plain

お土産で買ったポストカードとマグネット。こんな絵を描く人です。テーマは子どもで、主に水彩。誰でも一度は目にしたことがあるだろう。天才水彩画家であります。

10 年近く前にも一度来ていて、その時は勝手に展示作品を写メで撮りまくっていたが、今回訊いてみたら展示室の中と展示物はダメということで、館内の雰囲気だけ。 。

新コロ対策の時短営業で1時間早い 16 時閉館でした。15 時に入館、貸切状態で観て回りました。

f:id:color-hiyoko:20200912082833j:plain

この美術館は元々はちひろが晩年まで 20 年以上住んでいた家で、1974 年に 55 歳で亡くなった後に改築されて美術館になった。

f:id:color-hiyoko:20200912082828j:plain

1970 年代当時にアトリエにしていた部屋が、家具や絵の道具までそのまま保存されてるんだけど(撮影不可)かなりいい雰囲気です。

f:id:color-hiyoko:20200912082840j:plain

2階に絵本の図書館がある。

f:id:color-hiyoko:20200912082906j:plain

庭。

 

f:id:color-hiyoko:20200912082927j:plain

この時の展示は当時連載していた子ども雑誌の作品群だった。

f:id:color-hiyoko:20200912082915j:plain

展示の仕方もすごく良かった。晩年になると、水彩のみのフワっとした作風になっていくんだけれど、1960 年代のカリッとした鉛筆やペンのタッチと水彩の合わさった画法も好みで。

f:id:color-hiyoko:20200912082931j:plain

カフェはやってなかった。 子どもの頃はこの絵柄が何か怖かった記憶がある。どこか寂しげな感じがするからだろうか。。

f:id:color-hiyoko:20200912082950j:plain

季節によって展示が変わるので、いつかまた訪問したい。

f:id:color-hiyoko:20200912083017j:plain

別冊太陽 いわさきちひろ

別冊太陽 いわさきちひろ

  • 発売日: 2007/03/15
  • メディア: ムック
 
ちひろBOX

ちひろBOX

  • 発売日: 2004/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
にんぎょひめ (いわさきちひろの絵本)

にんぎょひめ (いわさきちひろの絵本)

 
窓ぎわのトットちゃん 新組版 (講談社文庫)

窓ぎわのトットちゃん 新組版 (講談社文庫)

  • 作者:黒柳徹子
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: Kindle版
 

もっとも有名なのはこれかも。

長野にもあるので、そちらもいつか行ってみたい。 

✅ 開館時間:10:00 〜 17:00

✅ 休館日:月曜

✅ 入館料:1000 円(高校生以下 無料) 

✅ 駐車場:3 台

✅ 地図

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ゆるい暮らしへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩地区情報へ

↓ 読者登録と Twitter のフォロー、ひよこの別ブログもよろしくお願いします(^人^)