カラーひよこのブログ

とりあえず、まあ・・アレだ。。

大判振る舞いされるはずだったあの日のマグロ【 ニュース批評 】

f:id:color-hiyoko:20181215224010j:plain

こんばんは。回転寿司ではマグロよりもイカが好きなカラーひよこです。

先ほど仕事が一段楽してコタツで「はてなブックマーク」というニュースアプリを見ていたら、こんなニュースが目に止まりました。 

Yahoo!ニュース内でも、写真のインパクトでアクセスランキング入りしているようです。

「イルカみたいなのが打ち上げられている」―。鹿児島県宇検村立久志小学校(光一博校長、児童12人)の近くの小川で12日朝、大きな魚が打ち上げられているのを登校中の児童らが見つけた。

 海から近くの小川へ遡上って鮭かよ。それ以前に、マグロって淡水で行動可能なんでしょうか。。

話を聞いた同校職員が20キロ超の大物を抱えて学校へ運び込んだ。体長約130センチ、胴回り約80センチと、寝転がって背比べする児童よりも大きい。

俺がこの先生だったら Twitter に投稿するな・・「30,000 いいね」は固い。

魚はクロマグロとみられ、「(対岸にある)養殖場のいけすから逃げ出したのでは」と職員。

へえ。

「給食はマグロか」。全校で高まる期待を尻目に、残念ながら大物は地元漁師に引き取られたという。 

 

「給食はマグロか」。全校で高まる期待を尻目に、残念ながら大物は地元漁師に引き取られたという。 

 

「給食はマグロか」。全校で高まる期待を尻目に、残念ながら大物は地元漁師に引き取られたという。  

・・そこは地元漁師、学校にプレゼントしろよ!!

みんなが読みたかったのは

「生簀から逃亡したマグロ、近所の小学生が発見。マグロ、学校へ贈られる」

というニュースだろう。

「マグロ尽くしの給食に児童たちも大喜び = 12 日、宇検村立久志

みたいな写真も付けるんだよ。この流れだったら完璧だった。

それをアンタ、

「給食はマグロか」。全校で高まる期待を尻目に、残念ながら大物は地元漁師に引き取られたという。

で「おしまい」って。

でも、萎んでいく感じがとてもいい。現実は大抵こんなものだろう。