カラーひよこのブログ

とりあえず、まあ・・アレだ。。

スマホと SNS 依存について考えた【 ソフトバンクが大規模な通信障害 】

その日、残業まみれの仕事を終えた私は、近場でまだ行ったことのないスーパー銭湯をインターネットのヤホーで調べ、お風呂セットを用意して車に乗り込んだ。銭湯までの大まかなルートは把握していたが、現地付近の細かい道筋は分からない、というよりも知る必要がなかった。iPhone に入れているアプリ、「Google Maps」が音声ガイダンスで正確に私を目的地まで導いてくれるからだ。

東京と埼玉の県境を越える。この辺りまでは太い道 1 本を真っ直ぐに進むだけで 、Google Maps のナビゲーションに頼る必要もなかった。

しばらくの後に突然、アプリの地図が空白になった。通信電波の受信レベルを示すアンテナ表示が消えている。

「おいおい・・埼玉もそこまでイナカじゃないだろう」

信号待ちの間に何度か再起動したり、よく理解していない設定をいじったりしてみたが、一向に受信アンテナは立たない。

「なんだよ、これじゃ Twitter の通知も確認できないよ・・」

ちょうど、この近辺の中では最も栄えていると思われる駅の近くだった。契約している 「Y!モバイル」を扱っているソフトバンクショップもあるだろう。駅近くのコインパーキングに車を入れて駅前へと向かう。それはともかくとして腹が減っていた。ケータイショップの前にラーメンでも食うか・・。駅前付近がフリーWi-Fi スポットで、周辺のラーメン店を調べることができたが特にピンとくる店が無く、西武デパートのレストランフロアで蕎麦を食べた。高層階から見渡す眺め、もう暗くなりつつあった曇り空な景色を眺める。

f:id:color-hiyoko:20181218230541j:plain

デパートを出て商店街へ。ソフトバンクショップはあった。混雑している。ショップ店員と先客のやり取りを何気なく聞いていて事態を把握した。何かがどうなったトラブルで通信障害中ですよ、と。そろそろ各地で復旧し始めているとの事だが、そこにまた通信が殺到して回線がパンクしているようだとも。

店員に交番はどこか、と尋ねる。もうアナログ回帰だ。お巡りさんに目的地の銭湯の道順を訊こう。大判の市街地図を広げ、この駅から目的地のスーパー銭湯までの道順を親切に教えてくれた後、婦警さんはこう言った。

「車にナビは付いていないんですか」

ギャフン。ギャフン、ギャフン(死語 X 3)。なんて事だ。もちろん付いてたよナビ。何をやってるんだ、俺は。ともあれ、もうすっかり暗くなった中を車まで戻る。駅前のイルミネーションが綺麗。

(もうクリスマスか・・)

f:id:color-hiyoko:20181218233248j:plain

コインパークの車へ戻ると車載のカーナビに目的地を入力する。このカーナビも音声でガイドしてくれたのだった。名前検索で目的地が出てこなかったので、交番でメモした番地をナビに入力する。

現地近くまで来て、田んぼの中の農道に入ってしまったり、曲がるタイミングを失って大回りで行ったり戻ったり等はあったものの、40 分ほどで無事に到着(道が暗すぎる・・)。

f:id:color-hiyoko:20181218215224j:plain

 施設も温泉も期待していたほどではなかったが、とにかく館内の Wi-Fi に繋いでツイッターの通知に返信したりブログを書いたりした。お食事処のテレビで見たニュースによると、障害は各地で復旧しつつあるとの事であったが、自分の端末は未だに音信不通状態。しかしながらとりあえずの安堵。

f:id:color-hiyoko:20181218234045j:plain

 ブログを書き終え、銭湯を出る頃には自分の端末の通信も無事に復活。やれやれと、帰路に着いた。

そして・・これを書いている現在、こんなニュースが。

・・・。

お前ら、騒ぎ過ぎ。

スマホが無かった時代は一体どうやって生きてきたんだよ。機械に頼るな、フォースを信じろ。

f:id:color-hiyoko:20181219212556j:plain
 

f:id:color-hiyoko:20181218215138p:plain

 スティーブ・ジョブズは世界を変えたと思う。